痛風の初期症状!?が気になったら第一に食生活の見直しを!

痛風の初期症状と言われているのが、足の指、特に親指の付け根辺りに感じる違和感、しびれなどです。 初期症状が気になった方に自問自答してほしいのが食生活。8割以上の痛風の原因と言われているのが食生活の乱れです。
身近に痛風持ちの方が居なくても、プリン体などという言葉は聞いたことがあると思います。
プリン体とは、プリン骨格を持つ物質の総称で、食品の旨味の成分にあたるものなので、肉類や動物の臓器、魚介類、魚卵をはじめ、ダイエットに良いと言われている野菜や蕎麦にも多く含まれ、 カロリーなど解りやすいものではなく色々な食品に含まれているので、メタボリックシンドロームに効く脂っこいものを控える、炭水化物を控えるなど解りやすいものではなく、きちんとした知識が必要となります。

何故痛風になってしまうのか。痛風の原因を簡単に解りやすく説明します。

昔は痛風は贅沢病などと呼ばれていましたが、近年では贅沢な食事をしていなくいても痛風になってしまいます。
痛風に何故なってしまうかを簡単に説明します。痛風は上記でも述べたようにカロリー制限や脂肪分を制限すれば良いのではなく、 症状が出る前に、プリン体を制限しなければなりません。
ここで先ほども出てきたプリン体なのですが、プリン体を何故気を付けないといけないかというと、 プリン体が体内で尿酸に分解され、その尿酸が体内に溜まって要る状態が痛風の症状へ繋がります。
初期症状が出る前に痛風を予防するなら、
・食べ物にはプリン体という痛風の原因の根本になるものが含まれている。
・プリン体が体内で尿酸に代わり、排泄が滞る(尿酸値が上がる)と痛風の原因になる。

という基本的な痛風の原因を覚えておきましょう。

具体的な痛風予防は、プリン体を多く含むものを食べない&尿を弱酸性から中性に

まず痛風予防にはプリン体を多く含むものを食べすぎない事です。
プリン体が多い食べ物は、肉全般、動物・魚類の内臓(レバー、モツ、肝、白子)、卵類に多く含まれております。
また、意外なことに、野菜にも多く含まれているので注意が必要です。 大豆、ほうれん草、ブロッコリー、アスパラガス、なす、ピーマンなどにも多く含まれ、所謂健康に気を遣った 料理を食べていてもプリン体を摂取してしまいます。
また、ビールにも多く含まれておりますので、毎日ビールを飲んでいる方は気を付けてください。

このようにプリン体を含まない食生活をするのは大変なので、 プリン体が尿酸に変わった際にその尿酸を体に溜めこまないように身体全体の代謝を良くすることが必要不可欠になります。

尿酸を含む老廃物を溜めこまない。つまり代謝を良くすることが痛風予防。

尿酸値を上げてしまうプリン体を摂取しないことも大切なのですが、予防の時点で窮屈な食生活をしていたら返ってストレスになってしまいます。 ストレスは、痛風を含む生活習慣病の大敵ですので、ストイックすぎるのも良くありません。
そこで、尿酸値上げない、尿酸を溜めこまない身体へ体質改善することにより、痛風とは無縁な生活に近づくことができます。

高麗人参、田七人参に含まれるサポニンを摂取して血液浄化+老廃物を体外へ!

サポニンは、高麗人参、田七人参などに広く含まれている配糖体の一種で、コレステロールを除去したり、 体内で血栓をつくり動脈硬化の原因となる過酸化脂質の生成を抑制する効果があります。
このサポニンを多く含む高麗人参、田七人参を普段の食生活に取り入れる事により、老廃物を体外へ出します。
サポニンは苦味が強く、高麗人参などそのままで摂取するのが難しい場合は粉末や錠剤の漢方・サプリメントとして毎日摂取することをオススメします。 田七人参は高麗人参の7倍のサポニンが含まれており、日本で唯一無農薬有機栽培で作られている白井田七というサプリは 原材料が有機田七人参(98%)、有機玄米(2%)と余分な成分が一切入っておらず、漢方としてとても優秀なサプリメントです。


痛風の初期症状が気になったら!痛風の症状、原因で検索された方に人気のページ

初期症状が出る前に! 危険度チェック
簡単!痛風危険度セルフチェック!痛風の痛みは、本当に突然襲いかかります。
健康診断など、こまめに体調の状態をチェックしていていれば、症状が出る前に抑えることができます。
初期症状の方も、食事生活、サプリメントを併用して体質改善!是非セルフチェックして下さい!

通風に効く食べ物、痛風に良い食事一覧表
通風を改善させるのに必須なのは食べる事を我慢ではなく、尿酸値を下げる事!
食通で食べることへの喜びが大きいがために、痛風になってしまったという方だからこそ きちんと改善方法の知識を持ち、健康のために食べるという楽しみを持てば 尿酸値を下げることだって苦にはならないはずです!

通風の原因 通風と尿酸値の関係について
痛風というのは、尿酸値の上昇により尿酸を分解しきれない状態になってしまい
その結果、尿酸が結晶化したものが足や指などの間接に溜まり痛みを引き起こすというものです。
そして、その尿酸値の上昇の要因ともいわれているのがプリン体です。

通風治療にはサプリメントが有効な5つの理由。
通風になる原因、理由は食生活だけでは改善することが難しいです。
成人病の多くの理由は代謝が落ち、体で生成する成長ホルモンの分泌が落ちることから始まります。
食生活だけでは補えなくなる栄養素は安全な国産サプリメントで補いましょう。

痛風に効くサプリメント



痛風の初期症状 痛風になってしまったら

痛風になってしまった時の処置。
まず患部を冷やしましょう。アイスノン+タオルや湿布などで炎症が起きている足を冷やします。

痛み止めを飲む。 鎮痛剤を飲む際に気を付けなければならないのが非アスピリン系の
痛風かも?痛風予備軍はこちら
痛風かもと思ったらまずは病院へ行くのが一番です。日ごろからの健康診断で尿酸値などを気にしておくのが一番なのですが、
働き盛りの忙しい時期。中々チェックもできません。ただ、血液検査で尿酸値を調べるだけでいいので、もし痛風が気になっているのであれば
是非一度は行っておくべきです。

痛風になりやすい人は以下の人です。

男性
30代後半、40歳以上である。
痛風家系である。
日々の生活にストレスを感じる。

最近太ってきた。
お酒が大好き。またはそこそこ飲む。
白子、明太子などの魚卵、レバーやホルモンなどの動物の内臓が好きだ。

全て当てはまる人はもうすでに痛風に片足使っているかもしれません。
日ごろから尿酸値を下げる努力をしなければなりません。尿酸値を下げるには食生活を変えなければなりません。

尿酸値=つまり酸の高さなので、尿をアルカリ性にしてくれる食べ物を食べるのが効果的と言われています。
アルカリ性の食べ物と言えばわかめ・ひじき・昆布などの海藻類が有名ですが、野菜全般をバランス良く食べると良いでしょう。

ほうれん草、キャベツ、アスパラなどの葉類。
ゴボウ、人参、カブなどの根類。
茄子、メロン、バナナ、グレープなどの果実類。
ジャガイモ、サトイモ、サツマイモなどのイモ類。
大豆製品も良いと言われております。

上記のような尿酸値を下げる食品の中にもプリン体の多い食品は避けたほうが良いです。
プリン体とは?という方に対してこれからプリン体を説明していきます。

プリン体とはプリン骨格を持つ物質の総称で、プリン塩基、プリンヌクレオシド、ATP などのプリンヌクレオチド、さらに核酸に含まれます。食品中では旨味の成分であり、核酸中に多く含まれます。そのため、細胞数の多いもの、細胞分裂の盛んな組織にプリン体が多くなっています。

このプリン体が体内で尿酸に代わるのです。
つまりプリン体を摂取しすぎると、プリン体が体内で尿酸に代わり、尿酸値が増えるのです。

プリン体の多い食品一覧
プリン体が極めて多い食品(100gあたり300mg以上)

干し椎茸 380mg
鶏レバー 312mg
マイワシ干物 306mg
かつお節 493mg
煮干し 746mg
イサキ白子 306mg
アンコウ肝(酒蒸し) 399mg
ビール酵母 2996mg
クロレラ 3183mg
ローヤルゼリー 403mg

プリン体が多い食品(100gあたり200〜300mg)
豚レバー 285mg
牛レバー 220mg
カツオ 211mg
マイワシ 210mg
大正エビ 273mg
オキアミ 226mg
マアジ(干物) 246mg
サンマ(干物) 209mg

プリン体が比較的多い食品(100gあたり100〜200mg)

ブロッコリースプラウト 130mg
ひらたけ 142mg
乾燥大豆 173mg
納豆 114mg
豚肉(カタスネ) 108mg
豚肉(ヒレ) 120mg
豚肉(ランプ) 113mg
豚肉(タン) 104mg
豚肉(心臓) 119mg
豚肉(腎臓) 195mg
牛肉(クビ) 101mg
牛肉(ミスジ) 104mg
牛肉(モモ) 111mg
牛肉(スネ) 106mg
牛肉(心臓) 185mg
牛肉(腎臓) 174mg
鶏肉(手羽) 138mg
鶏肉(ササミ) 154mg
鶏肉(モモ) 123mg
鶏肉(皮) 120mg
鶏肉(砂肝) 143mg
鯨肉(赤身) 111mg
サラミ 120mg
マグロ 157mg
イサキ 149mg
サワラ 139mg
キス 144mg
トビウオ 155mg
ニジマス 181mg
赤カマス 148mg
マダイ 129mg
ヒラメ 133mg
ニシン 140mg
マアジ 165mg
アイナメ 129mg
マサバ 122mg
赤アマダイ 119mg
ブリ 121mg
サケ 119mg
アユ 133mg
スズキ 120mg
メバル 124mg
サンマ 155mg
コイ 103mg
マガレイ 113mg
ドジョウ 136mg
タラコ 121mg
明太子 159mg
スルメイカ 187mg
ヤリイカ 161mg
タコ 137mg
クルマエビ 195mg
シバエビ 144mg
ズワイガニ 136mg
アサリ 146mg
カキ 185mg
ハマグリ 105mg
ツナ缶 117mg
サーモン缶 133mg
カニ味噌 152mg
ボタンエビ(卵) 163mg
ウニ 137mg
アンコウ肝(生) 104mg
生ハム 138mg

痛風の予防法

痛風と尿酸値

尿酸を知る

痛風の人は尿酸値が高い?

尿酸値を下げよう

痛風に良い食べ物(尿酸値が下がる食べ物)

痛風に悪い食べ物(尿酸値が上がる食べ物)



痛風について記事一覧

尿酸値

尿酸を知る痛風の人は尿酸値が高い?尿酸値を下げよう

≫続きを読む

痛風でも美味しい食事を楽しむには 痛風に良い食事

痛風になってしまった、または痛風予備軍のため尿酸値を下げる食事を心がけたい!とはいえ、がちがちに制限された食事では食べることを楽しむこともできません。痛風の一因でもあるストレスが溜まってしまうことも。改善・予防のためにしていることが、あだにならないように尿酸値を下げる食材や料理法について学んで、楽し...

≫続きを読む

痛風と季節の関係、季節の変わり目に痛風は起こるの?

・痛風の痛みの原因痛風の痛みの原因は、尿酸値つまり体内の尿酸の濃度が高くなりふだん尿酸を貯めておく場所(人間の体内には尿酸プールという尿酸を貯める場所がある)がいっぱいになってしまい、尿酸プールから流れた尿酸が血液などを介し尿酸結晶となり間接などに付着すると、体内の白血球が尿酸結晶を異物とみなし貪食...

≫続きを読む

痛風予防のために良い食事、食品について

痛風予防・改善には、昔ながらの日本食が適しているのではないかと考えられます。その昔、世界各国で痛風の患者が確認されていた中、歴史上の書物に「日本人には痛風患者がいない」と記されていたという話があります。日本人は、もともと肉食ではなかった為、食事からのプリン体摂取も非常にひくく尿酸の分解を助けてくれる...

≫続きを読む

痛風かもしれない!と思ったら

痛風の痛みは、耐えられないほどの激痛とよく言いますが痛みが軽いこともまれにあります。同じ病気にかかっていても症状に人それぞれ、個人差があるようにやはり痛風の痛みにも個人差があります。軽めの痛風発作である場合もありますし、激痛の前兆である場合もあります。痛風患者さんの中には、病院で診断される前にも、軽...

≫続きを読む

痛風は完治しない? 痛風を治すためには

痛風は、基本的には完治するのが難しいです。痛風も花粉症なんかに似ているところがあります。花粉症は、一度発症してしまうと基本完治はありません。しかし、飛散する花粉量の変動により症状も軽くなりますし、、花粉症であっても花粉を一切体内に取り込まなければ、アレルギー症状を起こすこともありません。花粉が飛んで...

≫続きを読む

痛風の歴史

・痛風は、人間だけの病気ではない?他の動物が足の指の付け根を痛がっているところをなんだか想像しズらいですね。痛風は、人間特有の病気なんでしょうか?痛風の発症原因の尿酸を作り出す、プリン体というのは食事や飲み物から摂取されるものと体内でつくられるものがります。体内でできるプリン体というのは、体の細胞が...

≫続きを読む

痛風 初期症状 危険度チェック

簡単!痛風危険度セルフチェック!痛風の痛みは、本当に突然襲いかかります。健康診断など、こまめに体調の状態をチェックしていていれば、いつかやってくる痛風発作に心の準備もできますが、大体の方は、気付かずに突然の痛みに心構えもできていない状態であることが多いのではないでしょうか?なかなか自分では気付いたり...

≫続きを読む

痛風患者にリスクの高い合併症

秘密でも恥ずかしいことでも、全て答えるから勘弁してくださいと言いたくなる拷問のような痛みが不意に襲う、痛風。こんな痛みを味わうだけではなく、痛風を患っていると他の病気にかかるリスクも高くなります。しかも、合併症には自覚症状がない場合も少なくないため、気づいた時には、合併症がかなり進行した状態にあるこ...

≫続きを読む

何故痛風は男性に多いのか。女性がかかりにくいのは本当?

痛風患者の9割以上が男性と言われています。成人男性の代表的な生活習慣病のひとつとも言えます。男性特有の病気かと感違いするほど、圧倒的に男性率が高い原因を探ってみます。・食生活から見る男性の痛風発症要因昔から、贅沢ばかりしていると痛風になる!と注意をされたものです。痛風に悩むご老人が症状を説明する際に...

≫続きを読む